ブログを移転、引越し致しました。

HOME > ゲーム > PS4 > 安いけど高い…高いけど安い!ゲームの未来がここにある!PS4専用バーチャルリアリティシステム「PlayStation VR」2016年10月発売予定!


2016/03/17/ (木) | edit |
PlayStation VR

PlayStation®VR Features | GDC 2016


PlayStation VR コンセプト映像


PlayStation VR公式サイト

PlayStation VR_1
・発売予定日:2016年10月
・価格:44,980円(税別)
・PS Camera、PS Moveは別売り
・参入メーカーは大手、インディーズ含め230社以上、現在160本以上のタイトルを開発中
・発売から2016年末までに50本以上の幅広いジャンルのタイトルを発売予定
・発売と同時にPS VR専用タイトル『THE PLAYROOM VR』無料配信
・シネマティックモード:VR非対応のPS4タイトルや映像コンテンツなども楽しめる
・PS4のシステムソフトウェア側の標準機能としてPSVR向けの新機能を今後も追加予定

PlayStation VR_2
ついに発売日や価格が発表されましたPS4専用バーチャルリアリティヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」でありますからして、毎度お馴染み遅々ですが、当ブログでも記事にさせて頂き、ザザッとふわふわした感想など書かせて頂きまする

最も気になるのはやはり価格でしたが、自分が望んでいたより少々お高かったかなぁ・・・って言ったら怒られるかもしれませんね それというのも他のVR機が10万前後する中で、5万円前後で買えてしまうってのは実のところ格安だからであります いやいや、他のはPCがあればPS4はいらんではないか!って言う人のいるかもですが、このVRを実現するにはハイエンドPCが必要になるって話なので、それを考えるとPS4さえあれば(PS Cameraも必要やけどね)プレイ出来るってのは、やはりお安いのであります

ちなみに、この「PlayStation VR」は、ただ単に大きなスクリーンが目の前にあってそれでゲームがプレイ出来るって代物ではないことはご存知の通り、 映像が視界を覆って頭を動かせばゲーム内の視界も動く、まさに仮想空間内であるゲーム内に自分が入ってしまったかのような感覚に陥るとのことであります 映画やアニメなどの中での話だったことがある程度現実となるってだけでわくわくしますよね~ まぁこれを被ってゲームやってるところは、あまり人に見られたくは無い気もせんでもないですが

自分が望んでいた映画などの映像コンテンツも視聴可能なシネマティックモードも搭載されるそうです このモードでの「PlayStation VR」内で見えているイメージは、目の前に浮かんだ大スクリーン(サイズを三段階に切り替え可能)で、通常のPS4タイトルならプレイ、映画なら視聴、メニューなら操作するという形だそうです もちろんこの機能により非VRゲームがVRならではの視界を覆う体験になったり、ゲーム中のカメラを顔の動きで操作できるようになるわけではないですが、旧来のヘッドマウントディスプレイのように、2.5メートル先にある最大225インチ(横幅5メートル)の大スクリーンで映画が観れるってだけで、映画好きな自分としてはゲーム以外の付加価値としても十分な魅力なのであります もちろんゲームもね

こりゃまぁ、FPS等々一人称系のゲームがお好きな方々は買うしかないって代物でしょうね 今のところそれが一番「PlayStation VR」に適しているジャンルでしょうから そこで自分的に問題になって来るのが、その一人称のゲームが苦手だってところです 直感的に操作出来るこのシステムを使えば変わってくるかもしれませんが・・・う~ん しかしながら、開発者さんたちのアイデア次第でこれまでには無いゲームや体験が出来るかもしれず(ってか間違いなく出来る・・・ハズ)自分としてはそちらに期待したいところですかねぇ

ただまぁ、これがPS2のDVD体験と同様の効果があれば普及間違い無しでしょうけども、PS4と合わせて8万円以上するとなると、やはりライトユーザーにはかなり敷居が高くなってしまうし、どうしても後追い発売(別売り)の周辺機器ってのは成功するのが難しいってのがゲーム業界の歴史にはあります 今回この「PlayStation VR」にて再び日の目を浴びることになるかもなPS3時代にWiiリモコン人気に釣られて発売された「PS Move」も、なんだかんだで消えていってしまいましたからね

上記に書きましたように一人称系ゲームが最も人気な海外でのVRへの関心の高さと国内のそれとは実際比べ物になりません・・・ただし、そこがまたこれまでとは違うかもしれないって期待の持てる部分でもあったり そもそもPS4は海外での人気及び普及率が非常に高いハードでありますので、海外でさえ人気が出ていれば生き残ることが出来ちゃうからであります 国内のメーカーも海外は無視出来ない状況ですし、そうしている内に国内でも火が着けば御の字でありましょう

そんなこんなな自分的感想を持っている「PlayStation VR」ですが、これまた上記しましたシネマティックモードの存在だけで、結局は購入を考えることになっちゃいそうです自分 ・・・んがまぁしばらくはいつものように様子見を決め込むことになりそうかなぁ それこそ一人称以外のゲームやVR対応の和ゲーが発売され始めればって感じになりそうですかねぇ

今後は体験会や各店舗などでも体験出来るようになって来るかと思いますので、そういった機会があれば恥ずかしがらずに 一度体験してみることをおススメします 自分も機会がれば体験してみたいと思っております 何にしても、今回の「PlayStation VR」の登場には、これまでのゲームの有り方を変えてしまうかもしれない未来ってのを感じさせられますし是非とも成功していただきたい SCEが長らくの間開発し続けて満を持して放たれる「PlayStation VR」の今後に期待したいところであります

PlayStation®VR 最新トレーラー「体験者の声」篇



PlayStation VR_3
SCEプレスリリース

thema:PS4
genre:ゲーム
Comment
Comment list
まさかこんな形でCameraとMoveが再び注目を集めるとは。海外だとアマゾンの予約が瞬殺だったようで、このまま勢いに乗ってくれればいいなあ。個人的にはものすごい興味あるんですけど、中々のお値段なので様子見するかも。

ゲームの方は最近だと龍が如く0と極をクリアしました。0は神ゲーでしたね、シリーズの中で一番面白かった。特にシナリオが神懸かってました。このシリーズはいままでプレイしてきてるし、今回もやってみるかなと軽い気持ちでプレイしたので、良い意味で裏切られました。好きなゲームを聞かれたら答えるタイトルの中に、龍が如く0を加えようと思ってます。6はかなり作風が変わっているようですし、今から楽しみです。あ、極は何か普通でした!!ww
2016/03/18(Fri) 19:12 | URL  | げっそり #-[ edit]
>げっそり さん
お久しぶりです♪いつもありがとうございます♪

ですね!Cameraの方は兼ねてより言われてましたが、まさかのMove!グローブ型とか指も動かせるような新しいデバイスで来るかと思ってましたよww自分もシネマティックモードに興味津々wwですが、そこはゲーム機ですのでゲーム次第ですかねぇ…。

そうなんですか!?プレイしときゃ良かったかなぁ…自分は0以降はプレイしておりませんで、6から復帰する予定ですねf^^)たけしさんの顔見て復帰を誓いましたwwあははっ極なのに普通って…でもまぁ言うてもリメイクですから致し方なにのかもですね^^;
2016/03/18(Fri) 23:04 | URL  | レウ #-[ edit]
submit
URL:
コメント:
secret: 管理人だけに公開